育児

お母さんも息子も、ガンバッテます

こんにちは。結城です。
現在、病室でこの記事を書いております。
ちょうど夕飯時、大部屋ではお子様たちがワヤワヤとしております……。
って、病室ってなんで?

キサ様、三回目の入院でございます(涙目)。
先週半ばから熱が続いて(一時預かりの保育園に連れて行っても、ユーターンでお帰りにされてしまったほどの熱です)、初期に「突発性(発疹)だろう」とかかりつけのクリニックでは言われていたのですが……下がらんじゃないかっ!!
ってことで、病院に行って血液検査してみたら、炎症反応ドカンッ!!
レントゲン撮ったら、肺に白い影が(涙目)。
「肺炎」でございました。

で、でもね。
最初に「突発性」と思われたぐらい、問題は高熱だけで機嫌は良くて、ミルクもごっきゅごっきゅ飲んでいました。
咳もしていなかったのに肺炎ってあるんだ、と、無知をさらしつつも思ったり。
さすーがに、一度病院から帰って、入院の用意をしなければと思った時には挫けてしまい、しばらく動けませんでした。
この二ヶ月、キサ様は病気と闘ってばかり。
私はキサ様を見守るばかり。
いや、育児の本質が「見守る」だとかそういうことではなくて。
看護疲れ……もう、通り越して踏ん張っています。

みんながご飯の中、キサ様は寝ております。
キサ様は、生まれた時から、ミルクをねだるような事って少なくて、私が「そろそろ飲みません?」と尋ねてからあげているぐらいです。
でも、しばらくしたらいきなり「わーーーーっ!!」って感じで、空腹に気付いて欲しがると思います。そんなキサ様です。

気付くと「ゲーム」の話ではなくて「育児」中心になりつつありますが、ちょこちょことクライアント様に事情を話しつつ、でも〆切は延ばせないぞ~はっはっ。という感じで(?)シナリオの仕事もしております。
ほぼ深夜と早朝にちょこちょこと。

まぁ、ゲーム関連で言うとしたら……
「『FF14(オンライン)』のβテストはいつ始まるんじゃ!!
ってか、応募したけど受かってるのかさえ分からんぞ!!」
という苛立ちと、
「『PARA-SOL』の発売日が延期のうえ未定っぽいのは、どうしてじゃっ!!」
という、既にメロンさんで限定版を予約した身としてはがっかりしております。
ほぼ2年ぶりにパッケージで買ってプレイする気になったゲームだというのに……。
どちらも、期待し過ぎて裏切られるのだけはごめんです。
作り手としては、いつもそんなユーザー様の声は意識しているんですよね。
だから、大変なのも分かるんですが……。
ここは都合よくユーザーとして意見してみました(←ひどいクリエイター)。

そして。
ここまで書いていても、まだ起きないキサ様は、いつミルクを所望されるんでしょーか……。こちらも見守るしか術がないのでありました。

ではでは、近況にて。

| | コメント (0)

キサ様入院~退院されました(お母さん大変です)

おはようございます。結城です。

現在、とってーも疲れております。
心労&頑張ってついてこい状態の体。

と、言いますのも昨月からキサ様が入院していまして。
月曜日に無事退院できましたけれどね。
大まかなことは省きまして、子供(赤ちゃん)の様態の変化は激しくて、私が早く気付いてあげるべきだったとはもちろん思いますが、それは誰に聞いても「仕方がないよ」とは言ってくださるのですが、キサ様を見ている立場としては、入院にまで追い込んでしまって、小さな体で苦しかっただろうなぁ……と思う次第です。
点滴とセンサーに繋がれてベッドの上。
もちろん付き添いました。
着替えの用意で家との往復。
あとはじっと見守るだけ。
ここでも都合の良いお母さんですが、
「いないと悲しい」状態でした。
でも、今は、病後で家にいるので終日見ていると、大変なんですが(苦笑。

仕事道具も持ち込んでいましたが、残念。
とても頭が回りませんでした。
(お取引のある企業様、これから頑張りますのでお待ちくださいませ)

夜中に急変して、救急で駆け込んだこともあって、「いつ、何が……」という思いで目が離せないのですよ。
自分で苦労しょいこんでどーする、という感じですが。
普段はファミサポさんに育児サポートを頼んでいるのですが、病後育児はお役所の問題なんたらで使えないので(まぁ、責任問題に発展しちゃうと困りますからね)、私が引き続きキサ様をひとりで見ている状態です。
もちろん相方さんも仕事が終われば見てくれますが、それは寝る前の一時間ぐらいで。

お母さんは、相変わらず大変な「役目」なのです。
でも、キサ様が笑顔でいてくれるのがやっぱり嬉しいし、感謝なのです。

っていうか、病人の世話って、大人でも子供でも大変さは変わらないと思う……。

ではでは。

| | コメント (0)

霧彦さぁぁぁんっっっ!!

こんばんは。結城です。

いまさらですが、「産後にあちこち体調不良(が続く)のは、産前に体力がなかったからじゃん?」と思い、「ああ、そうだなぁ」と実感している、今更の今日この頃です。

予測がつくように、在宅で引きこもってコツコツ・カタカタと仕事を続けてきた私……。
外出嫌いも手伝い、そのうちネット通販で便利になり、もはや「もやし」のように生息してきました。
うん、そのツケが出ているんですね。
よく分かりました(号泣)。

と、そんな訳でこれからのキサ様の成長に追いつくために(わんぱく小僧一直線なのは、既に確定の様子!)、休める時に休んでいます。
え?
さっきの話の流れからだと、体力作りに運動とかしないのかって?
ははははは(乾いた笑い)。
先日、やっと体中の不調を治療してくれそうな整体の先生に巡りあえまして(口コミ万歳)、初日に率直に「家で出来る体操を教えてください」と尋ねたら、
「結城さん、そのレベルじゃありません。出来る限り横になって寝てください」
と即答されてしまいました。
がくっ。

キサ様誕生前までは、仕事はモチロンちゃんとしつつ(え?)惰眠を楽しんでおりましたが、「寝ろ」と言われると、何だかやり残したことが多いんじゃないかと毎日思いながら寝ています。
夜の授乳とかなければ、早起きも苦にならなかったので「朝活」とかしてみたいですが、夜中に強制的に起こされてミルクをやるというのは、意外と厳しいです。
睡眠を途中で奪われると、ちょっと辛いですね。
これを乗り越えたら、少しは楽になるだろう!
と期待をこめて、キサ様の成長を見守りつつ、何はなくとも昼寝はしっかりととるようにしている最近なのでした。

話はいきなり変わりますが。
霧彦さん、悲しかった!!(一部マニアの方に分かっていただければ良いネタ)。
っていうか、もうバイクに乗らないライダーじゃなくていいから(笑)、普通にメロドラマ(時々ハードボイルド?)一直線でいいよ!!
ムスカ(←違)が悪役だって分かった第一話から気になっていたけど(見るまではライダーのデザインにうんざりしていました)、いや、本当に、猫を抱いてガウン着てるような悪役、似合ってるよね!!
妄想劇場で、最終回近くでは、お父様に強烈パワーを発揮していただいて、
「ははははっ! 人がまるでゴミのようだ!!」
と言ってほしいです♪
声は25年ぐらい経つとさすがに違うけど~悪役の方向性が似ているので期待!!

……このネタ、どれだけの人がついてきてくれているんじゃろうか……。

ちなみに。
休日で相方さんがキサ様をみてくれるので、霧彦さんラストシーンは、違法動画サイト(苦笑)で見ました。
たまの休日に朝寝坊ぐらいしたっていいじゃないかぁ!!
いや、お父様は見たいけど、起きれないんだよぉぉぉ!!

ではでは。
「普通の人でさえ気が狂いそうな育児」だと、心療内科の先生が例える育児を、(多分)普通でなくて、肋間神経痛にパニック障害・体力マイナス修正のへっぽこライターは今日も明日も頑張り続けるのでした~。

あ、だからね。
きっと、大丈夫♪(←誰に向かって言ってるんですか)

| | コメント (0)

年末だと今頃知る余裕のないヒトがここにいます(泣)

こんにちは。結城です。

先日は、クリスマスというイベントがありましたね。
キサ様がいらしてからずっと、「今日は何の日?」むしろ何曜日かも忘れて、目の前の日々に追われていて、クリスマスということは年末だということも忘れていました。

えーと、相方さんとキサ様は揃って回復して嬉しいのですが、相変わらず休みなしのお母さんは、週末に「ち、ちょっと休ませておくれ……」と、風邪薬やら滋養強壮剤やら飲み込んで二時間ほど休みました。
それ以上休めるなら休みたい! という正直な気持ちはありますが、相方さんは育児に協力的で子煩悩といっても、やはり(?)男性なのか、二時間ぐらいでキサ様相手にはぐったりなのです。
うーん、もうちょっと頑張って、お父さん! と言いたいところですが、お父さんは日々働いてくれている身ですから無理は言えません。

さてさて、クリスマス・イヴに話は戻りまして。
当日の買出しはお互い難しいだろうからと、前日の祝日に買っておいたチキンとオードブル類、シャンメリー(私も相方さんもアルコールは一切飲めません!)で乾杯。
キサ様はバウンサーでちょっと夜更かししながら一緒に過ごしました。
……そして、キサ様を休ませた後に。
私がはふぅ~としているところへ、ピンクのリボンの白い包みが。
な、なんと!
毎日余裕がなくてキリキリしていた私に、相方さんからプレゼントでした!!

白い手袋。

水仕事も多くなり、ベビーカーでのお出かけにも素手でいて、あかぎれが目立つようになった私の手を優しく包んでくれるような……素敵なプレゼントでした。
あまりのことに、嬉し涙(号泣レベルで!)。
例年なら、私も相方さんにはプレゼントを欠かさないでいたのに……。
ああ、本当に余裕がなかったんだなぁ、って。

確かに育児は毎日が新しいことばかりで何が起きるか不安で構えていることが多い私。
でも、10年以上も前から私と一緒にいてくれた大事な相方さんのことを考える余裕さえなかったなんて、情けなかったです。
もちろん、そんな私の言葉を相方さんは笑って「いいんだよ」と言ってくれましたけど。
次の日から、私の外出の必需品になったのは言うまでもないことです。
本当に「ありがとう」です。

……そんな感動もありますが。
やはり腰痛だの手足の痺れだの、体の不調を抱えつつ育児は続くのでした(苦笑)。

お仕事の話を同時に。
クリスマスに、どこかからシナリオを担当させていただいたゲームがリリースされました。
産後に一番最初に請けたお仕事がもう形になって嬉しい限りです(プログラミングはええぇぇ!!←私はスクリプトまでやらせていただきますが、チェックして下さる方がちょっぱやw)。

それから。
今になってですが、前述した体調の不良で生活に制限があり……良くなっている過程で痛みが酷いのか、もしかして悪くなっているのか、もう医者にかかるなんてことはやめて民間療法でなんとかしようと相方さんに言われているコトがありまして。
(リハビリは保険が利かないからねっ!!)
ぶっちゃけ、起きていられる時間に限界があります!
育児と仕事の両立を目指すのは、今は育児に9割裂くことにしまして、ご依頼いただいた案件を何件かキャンセルさせていただきました。
関係者の皆様、ご迷惑をおかけして申し訳ございません!
この場のみならず、個々にメールもお送りさせていただいておりますが、体を治すのを一番にして、育児への余裕(できればいいなぁ)が再び出来た頃に、呆れず、「結城つづくっていうライターがいたなぁ。使ってみるか」と、頭の片隅に置いていただいて、またご縁がありましたらよろしくお願いいたします。
復帰の告知はもちろん優先してさせていただきます!

うん……短編はね、請けているんですけどね。
長編は、体力がいるので(いるんです!←私の場合)今回は申し訳ありません。

が、ガンバルンバ!

あっという間のコミケ前日……いや、違う!(汗)
私は体力的に限界を感じ、5年ほど前にリタイヤしましたが、創作に勤しむ皆様も、全ての皆様、2009年を最後まで楽しみましょうね♪

わ、私は寝たい……(泣)。
けど、体が動けるうちに大掃除しなくちゃ~&キサ様のお世話です。
人は動いてなんぼですね(何)。

ではでは。

| | コメント (0)

初・子供のお世話とやればできるお母さん?!

こんにちは。お久しぶりの結城です。

えーっと…キサ様は、先日、生後三ヶ月のお誕生日(?)を迎えました。
よく、「三ヶ月までが大変」と言われてきまして、うん、確かに大変だけど、一区切りつくのかなー…なんて思っていましたら。

キサ様、下痢ピーで、風邪にかかってしまいました(号泣)。
病名としては、「乳幼児胃腸炎」とかなんとか(お腹からくる風邪です)。

三ヶ月間、オムツかぶれも、発疹もなく、元気すぎたキサ様だけに、急にミルクも飲まず、泣き声も小さく、喋りもせず、無表情(分かり易いほど元気がない!)だと、悲しい気持ちになります。
泣いたら泣いたで苦痛だと思ってしまうのに、都合の良いお母さんでゴメンナサイ。

そして、初めての子供の病気の世話ということで、相方さんと揃っててんてこまい(死語?)でした。

いや、いつかは経験するものだし、これから何年もあるんですけど。
何も三ヶ月の誕生日にねぇ…と思わずにいられなかったりです。
一応、お祝いにと、キサ様お気に入り(家でフィギュアをじっと見つめている)の某セイバーさんのリリィ版も買ったのに…見せていません。
お祝いしながら見せるつもりだったので、まだ箱入りです(泣)。

実は先週から自分も風邪気味で(キサ様にうつったとは考えたくないです!)、正直横になりたいよぉ、休みたいよぉ、と思い続けていますが、脱水症状を起こさせないために(これは嘔吐もある場合ですが、キサ様の下痢はオムツも替えた次の瞬間にはやってくるので休む暇がありません)ミルクをこまめに飲ませているのでいや、本当に息をつく暇がないです(泣)。

そうしたら、週明けには相方さんまで倒れました!!
風邪+疲労で、本当に体を斜めにして帰ってきました。

自分だって……と、こんな時には言えません!!
帰るコールがあった次の瞬間から、温かい野菜鍋を用意して、食後にはキサ様と一緒にお休みをさせました(私がさせなくても相方さんはベッドにダイブでしたけど)。

自分だって……言いたくても、我慢できました。
我慢しなければ、家族揃って悲しくなるだけですから。

「頑張る」って言葉はあまり好きではありませんが、
「頑張らなくちゃいけない」時がお母さんには多いし、毎日がHP0の私でも二人の男性(一応)を支えられる力があるのだと思いました。

やればできるんですよ。

……だがしかし、後日談。

キサ様も相方さんも完全復活をとげた現在進行形、
私は喉風邪で声も出せないほどに悪化しております。

マスク姿でも「オカァ(さん?)」と呼んでくれるキサ様の笑顔に応えるべく、ミルクを作ろうと思うのでした。
うーん、美談で終わらない自分はやはりイマイチだなぁ。

ってか、もうクリスマスで年末なのかっ?!
実感ないぞ~~~~~(大汗)

| | コメント (0)

罪悪感を持たないお母さんはいない

こんにちは。結城です。
久しぶりの更新となりました。

急に冬支度となってきた外界ですが、みなさん、お身体をご自愛くださいね。
体力がなくなったり、インフルエンザにかかったり(5年前)して辛くなるのは体験していますので、今はキサ様もいますので、特に私も気をつけています。

まずは、お仕事のことを。
名前は出せませんが、多分、クリスマスあたりにどこからかシナリオをご依頼いただいたゲームがリリース予定です。
審査が通った、というメールを企業様からいただきましたので、多分、大丈夫(汗)。
そして、同企業様にてさらに先週、新ゲームのシナリオをアップしましたので、来年とか…いつか公開されると思います(苦笑)。
リテイクがくるとは思っているので、一時的に休憩状態です(はふー)。
ちなみに、ジャンルは「美少女」ですので、トキメキたい男性の皆様、どうぞよろしくお願いします…って、タイトル公表できないんじゃよろしくも何もありませんが。
がくっ。

お仕事そのほか。
多くの方からご依頼のメールをいただきまして、ご返信も遅れまして申し訳ありませんでした。
嬉しい悲鳴をあげながらですが、スケジュールをあれこれ考えながら、今回はご期待に添えられない皆様も、今後、ご縁がありましたらまたご連絡ください。
お問い合わせにはお答えしていきます。

次に、育児のことを。
キサ様は、現在、保育園に週三回の一時預かりをお願いしています。
前回のブログから今日まで…なんて言うか、本当に自分の気持ちが不安定でした。
シッターさんに来ていただいても、正直、信じ切れない、というか…休み切れない、というか…そもそも一日三時間ぐらいしか来ていただけなくて、その間に睡眠って、逆に疲れることが分かったり。
じゃあ、人に任せるぐらいなら自分でキサ様の世話を全部出来るか、と問われると、体力的にも精神的にも限界があり…。

実はですね。
私は、もう、15年近く「パニック障害」なのです。
現代では珍しい病気ではありません。
具体的な症状については、ネットや文献で簡単に探せるので省略しますが。
私は、相方さんと結婚してから、この病気と、自分の体力の無さが回復したら子供を考えよう、と思っていたのですが…いかんせん、私には他にも「心の持病」がありまして、複合的にパニック障害は治らないだろう、むしろ、付き合っていく病気だと思いなさい、と、10年近くご指導いただいている先生に言われています。
でも、その間に就職だってしたし、フリーで書き続けてこれたし。
ながーく時間はかかりましたが、縁あってキサ様を授かりまして。
嬉しいことだらけですが。
やはり、体力も精神力も育児という大仕事(?)には追いつきませんでした。

キサ様が二ヶ月を過ぎまして、市の保育園の一時預かりが可能だとなった時に、かかりつけの先生が診断書&担当の課(市役所)に連絡をしてくださり、あれこれと書類の往行はありましたが(さすが行政!)キサ様をわずか二ヶ月で保育園に預けることになりました。
相方さんには、「もっと頑張れないのか」と言われましたが、
正直に「これから頑張るために、今は休む時間をください」とお願いしました。
私も、自分で育てるんだ!
という意識はもちろんありました。
保育園や幼稚園は、もっと歳がいってから、と思っていましたし。

前回お伝えした肋骨の疲労骨折は、胸骨の疲労骨折にまで至っていることが分かり、もう上半身ガッチガッチに固めていて、動かせないから起き上がっていると痛いよー、な感じです。
そんな私が、キサ様を十分に見てやることは今はちょっと無理なので、頼れるところに頼ることにしました。
一番近い保育園、と言っても15分片道かかります。私にとっても、往復と朝夕二回と考えたら結構な運動量です!
出勤時間が合わない相方さんには頼めず、きちんと送り迎えはしています。
表情が豊かになってきて、お喋りもしたがっているキサ様は、こんなお母さんを薄情に思っているのかなぁ、と申し訳ない気持ちになります。
でもですね。
これもまたお医者様に話したところ、

「罪悪感を持たないで仕事をしている母親なんていないのよ」

と言われました。

確かに、キサ様のいない時間に、仕事をしたり、こうしてブログの更新をしたり、家の片付けをしたり…と、「自分」の時間を過ごしています。
時には昼寝だってしました。
いや、基本的に起きていられる(上体を起こしていられる)時間が少ないので、そんなに精力的ではありませんが。

どんな事情を抱えていても、お母さんはいつだって子供のことを考えています。
それが、愛している、という証拠で、その気持ちがあれば、徐々にでもお互いに向き合っていけるのではないかと思います。
辛い時期はいつか必ず終わる!
そう信じたいです。

親バカ話をひとつ。

以前、シッターさんから、「子供は産まれてくる前は天使で、空から自分は『このお父さんとお母さんの子供になりたい』と、選んでくる」という話を聞きました。
あまりスピリチュアルな話には没頭したくない自分でもありますが(占い師をやっていたのにそれはないだろうと言わないで下さい:苦笑)、ある日、キサ様を抱っこしていた時のこと。
キサ様は、私ではなく、ちょっと窓の方を見ていました。
子供がじーっと何かを見ている先には、仲間の天使が遊びに来ているのだとも教えてもらったので、それに習って話をしてみました。
「キサ、天使様と話してるの?」
キサ様は、答えません。
「キサにとっての天使って、どんな人?」
そう聞いたとたん、キサ様は、私をじっと見つめました。
「もしかして、お母さんがキサの天使なの?」
「ウン」
笑いながら、まだ言葉も話せないはずなのに、キサ様は確かにそう言いました!
嬉しいというか、恥ずかしいというか、それよりも、不思議な心の温かさが広がりました。
私は、キサ様をぎゅっと抱き締めて、
「お母さんの天使はキサだよ」
と言うと、
「ワァ♪」
とキサ様はさらに笑って答えてくれました。

気持ちが良くなったところで(自己満足でスミマセン)、今日はここまで。
キサ様を迎えに行く夕方まで、色々と頑張るぞー!!

……ま、まずは、部屋の片付けからかな(ガクッ)。

| | コメント (0)

育児は「辛い」と本当は言いたい

こんばんは。結城つづくです。

仕事のことばかり書いていると忘れられそうなのですが(いや、誰も気にしていないのかもしれませんが)、私は出産してまだ二ヶ月ちょっと。
先日、息子のキサ様(仮名。そして早くも俺様ぶりを発揮中なので、我が家では「様」付けです)も生まれて二ヶ月になったわけです。
仕事も始めていながらの私ではありますが。

率直に。

「育児は辛い」です。

仕事と両立させようとしているから辛いのではなく。
仕事を持っていなくて専業でも、育児は大変だと実感しています。

以前に私は、子供を見ながら仕事をしていて、それが楽しい…といった日記を書きました。
そんな時も確かにあります。
ですが、それ以上に、「子供と二人きりでいる時間が怖い」とさえ思います。

いきなり今までの記事と違って真面目(?)というか話題がディープかもですが、育児が何の苦労もなく、「子供は泣かせておいても平気だし、オムツとミルクを見てやればいいんでしょ?」と考える人がいるとしたら…失礼ですが、出産を経験せず、仕事以外の僅かな時間でしか子供を見ない男性がよく言う言葉…の引用ですが、とんでもありません!

私がお母さん代表で言うのはおこがましいですし、いやいや、本当に楽しく育児をしていますよ。というお母さん方もいらっしゃるでしょうから(100人いたら3人ほどだという統計ですが)、あくまで個人の発言ですよ。

大前提として、キサ様は可愛いし、大事な宝です。
ですが、それが心の一番大事な所にあっても、育児を放棄したくなる時があります。
辛い・疲れる・悲しい…。
それらの状態を、「出産後のホルモンバランスだから」と一般論だけで考えるのもまた間違いだと思います。

私は産後の肥立ちが悪く、出産したその日は分娩台から降りる事も出来ず、発熱した朦朧とした意識のままLDR(分娩室)で過ごしました。
入院は4日間。
退院検査で貧血値が出て、医者が退院を延ばそうか考えましたが結局は退院しました。
ですが、貧血・極度の体力減退・先日書いた肋骨疲労骨折が多分この時からあったのだと思いますが、そんな自分の意識というか正気を保つのもやっとの中で、いきなり子供の世話が始まりました。
残念ながら、頼る家族・親戚は私と相方さんにはいません。

「3人で家庭を作っていこう」

相方さんの言葉です。
私も思いは同じだし、当然、母親になった私が子供の世話をしなければいけないと思いました。
それは、出産前から覚悟していたことではありますが…。

私は前述した貧血状態が酷かったので、最初の一ヶ月まで(一ヶ月検診というのが母子ともにあります)は子供を抱っこすることを医者に止められていました。
こうした判断をするのも医者それぞれだと思いますが、さて、赤ちゃんを抱っこできない、そんな状況で何ができるでしょうか?
私は、ミルクも(持病で投薬が必要だったため、初乳以外は完全ミルクです←あげ方は工夫しました)、オムツも、忘れたり出来なかったことはありません。

ただ、子供を抱くことが出来なかった。

生まれたばかりの子が泣いたら、抱いてあやしてあげることが基本かもですが、私は、ずっと横で声をかけてやることしか出来ませんでした。
でも、それはかなり不十分な対応で…ミルクの時間を挟んでも子供が泣き続けたことがあり、私は逃げ出すこともせずにただ、見守っていました。
5時間泣き続けた、逆に言えば泣かせ続けてしまったこともありました。
これってどんな気持ちか、体験した人にしか分かりません。

言葉が通じない相手。
けれど、自分がいなければ生きていけない相手。
自分の生活が一変した戸惑い。

途方に暮れながら、神経をすり減らしながら、プレッシャーを抱えて育児をしてきました。
ぶっちゃけますと、育児ノイローゼには確実になっています(進行形だと思います)。
今では抱くこともできるのであやすことも出来るようになったし、キサ様は親馬鹿発言ではなく本当に「良い子」なので、生活のリズムもとれてきて、酷い駄々をこねることも少なくなり、だから私も仕事の時間がとれると思ったので再開しました。

ですが、今でも私はキサ様と二人きりで丸一日一緒にいられるか?
と問われると「出来ない」と答えてしまいます。
考えただけで怖くて逃げたくなります。
でも、逃げられないから辛いんですけどね。

朝、起きたとたんに泣きたくなります。
逃げたくなります。
相方さんに一緒にいてほしいと無茶なお願いだってしてしまいます。

「お前はきちんと世話ができているのに、どうして怖くなるんだ?」

相方さんはそう言います。
相方さんは悪い人では決してないのですが、育児ばかりは考えに差があり平行線で一致しません。
どうして怖くなるのか?
分からないままに怖いです。
とにかくそうとしか答えられないのですが…。

相方さんに完全に理解をしてもらっている状態ではありませんが、「自分(私)の体の回復を優先させて休養するために、他人に頼りたい」ことを伝えました。
利用しているのは、在住している市のサポートセンター。
育児講習を受けた同市在住の方がシッター役をしてくださる制度です。
きちんとお金はかかりますが、もう、自分がギリギリの所まで追い込まれている感じでした。
一日ほんの数時間。
サポートしてくださる方と時間は交渉できるので(会社ではないので都合によりますが←このあたりはボランティア感覚ですね)、自分のお小遣いの範囲で、また、その日の心の持ち方次第で(体力を回復させたいことも事実ですが、それ以上に、私が子供を見られる心境になるか、折れ線グラフのように不安定なのです)お願いをしています。
最初は本当に頻繁にお願いしました。
今でもお願いはしていますが、徐々に、徐々に減らしています。

お母さんになって二ヶ月で分かることなんてあまりにも少ないです。
…というのが私の正直なところで。
まだまだ先を考えると本当に途方に暮れてしまうのですが、先日は、左手に眠るキサ様を抱えて(私が抱けるようになってから嬉しいかな悲しいかな抱っこ好きになってしまい、ベッドで寝てくれません:泣)、右手だけでキーボードを打ちながら〆切10分前に原稿を終わらせました。
…二時間、子供を抱っこしたまま仕事をしたわけです。

「仕事と育児の両立できてますね♪」

んなわけはありませんよ(苦笑)。
私が仕事をするのは、今は相方さんかシッターさんがいてくださる時だけで、上記の例は本当に予想外に〆切ギリギリまで時間がとれなかったのです。
お仕事募集で書いた作業量は現在の目安で、以前から考えたらほどよく手を抜いています。
クオリティの部分で手を抜いているのではなく、あくまで時間的にね!
今までより量的にできないのは確かですから(汗)。

育児には息抜きが必要、自分の好きなことをやると良いですよ。
と、お世話になったシッターさんからアドバイスをいただいたり、本には書いてあったりします。
そこで考えてみましたが…。

私は、ずっと仕事しかしてこなかったんですよね(苦笑)。
仕事ではなくても、「書くこと」でしょうか。
ですから、結局仕事を再開することで、自分の時間を持って心に楽しみというか、余裕を作ることにしました。
〆切に追われるのが余裕か?
というのは以前なら「トンデモナイ!」ですが、今は違います。
不思議なものです。

あ、あのですね!
〆切は破ったことがないのが信条ですので、お問い合わせのメールは今後も受け付けておりますよ!
よろしくお願いします。
嬉しくも3月末までのスケジュールはほぼ埋まってきましたが、お仕事の内容によりますので、お気軽にご相談くださいませ~(ぺこり)。

書くことならお任せ下さい! → 結城 つづく

まあ、つまり。
ここでまた暗く書いて落ち込んでも嫌なので。
とにかく、育児に対しては私も例外なく心に不安を抱えながらだということです。

三連休に入りまして、相方さんがいてくれるので久しぶりにブログも更新できましたが(つまり、記事を書く時間ができた、ということです)いつもは仕事のテキスト書く時間だけであっぷあっぷかも~なのです。
しかし、ブログも「書く」もの。
私の楽しみなのかもしれませんね。

世のお母さんは、「経済事情で子供を(保育園などに)預けたがる」のではなく、「育児だけの時間では身が持たないから外へ出て仕事をしたがる」ような気がしてならないこの頃です。

育児に関しては、そのうち色々と。

とりあえず、肋骨疲労骨折してるのに、子供を抱っこしたまま片手でキーを打って仕事をした自分は凄いんじゃないかとだけは思いながら、そんなことばかりは続かないぞ、とも思うのでした(当然です!)。

| | コメント (0)

引き続きお仕事とか、医者に行ってみたり報告

こんばんは。結城です。

お仕事のご依頼は随時受付中です。

メールはこちらまで → 結城 つづく

例えば。
「冬コミにゲーム作る予定が急に作家さん逃げちゃった!間に合わないよ!えーん:泣」
と、思われているサークル様も、まずはお問い合わせ下さい。
いきなりきっちりとイベント名やら出しましたが、結城は晴海の頃から参加しておりましたし(歳は数えちゃダメ!)、ネットゲームで知り合ったメンバー(仲間)がコミケ主催者のド偉い方で、その方面で裏話も聞いてるとか、印刷所の納期も逆算して分かりますので、情熱があるのでしたらご連絡を!!

…結城もゲーム制作を立ち上げた際、いきなり原画担当さんに逃げられましたので…。
デジ絵が描けないって、ものすごく悔しい~(号泣)。
描けても私はアナログ止まり。

例えはともかく(苦笑)、切羽詰ってもお話をうかがうことはできますし、企画のすりあわせを迅速に行ってしまえば、テキストは200KB程度は二週間で納品できます。
いや、現在、全く仕事を抱えていないわけではないので前後しますけれどね。
執筆速度の目安を尋ねられることも多いのでお答えしますと、やはりクリエイティブな仕事なので気持ちに左右されることが多いので確実ではありませんが、とりあえず、500KBほどのノベルゲームのテキストは企画・リテイク・スクリプト(教えていただければ対応します。制作側によって使用するモノは違いますが、私がその場で覚えます:苦笑)込みで一ヶ月で納品しました。
相談しましょう!
そうしましょう!
な気分で大丈夫です。
一日の作業量は答えることが難しいのですが、ご参考までに。

話はいきなり変わりますが。
産後、ずーっと肋骨が痛いのです。
どのぐらい痛いかというと、上体を長時間真っ直ぐに起こすのが困難で、常に何かに締め付けられている感じ。
で、「産後だから」という思いで時間が経てば自然に治るだろうと思っていたのですが…あれれ?
痛くなる一方で、最近では子供のミルクの時には、クッションを5個ぐらい集めて体を沈め、腕で子供を支えてやっとの思いで飲ませています。
子供に負担のかかる姿勢はさせていないつもりですが、自分がかなり辛い。
婦人科(産後検診)→「異常なし。(痛みは)内科に行きなさい」
内科→「異常なし。産後の疲れですよ」

いやいや、ちょっと待て!
寝返りも打てなくて、上体も起こしていられなくなるって、酷すぎるだろう?
と思いまして、今日、やっとの思いで整形外科に行ってきました。
ピンポイントで肋骨が痛いので、まぁ、整形外科かな、と。
結果。
「筋膜性肋骨疲労骨折」
長い呪文でした。
のほほんとした先生の説明は、
「金属も長く使うと折れるでしょ? それね。このままだと折れる前(←あっさりと怖いことを仰います)」
うん、分かりますが。
放っておいて治るものかと聞きますと、
「それは痛いでしょ? 固めておかないと」
もちろん痛いから医者に来て何とかしてほしかったので。
コルセット(みたいなもの?)で胸から下を固めることになりました。
「いつ頃治りますか?」
「育児してたら治らないなぁ。子供を抱っこしないなら早く治りますよ」
…治りが遅いと言ってくれればいいのに、と思いながらも、とにかくどんな状態なのか、また、対策(処置)も分かったのでひと安心(?)です。

ちゃんと抱っこしてますよっ!!

今日から牛乳を飲んでいる(ホットしか飲めない体質ですが)結城でございます。
とにかく、骨、大事!!
全国の、体を痛めているママさん、頑張りましょう!!
折れる前には休みましょう!!(危険だっ!!)

何気にネットで調べたら、似たような症状が4週間ぐらいで回復するとか…。
うーん…そこそこガンバリマス。

お仕事に影響は出さないようにスケジュールは組んでいますのでご安心を。
しっかりと休む時間もとってますから~。
シエスタは大事です(スペインを真似よう!←おいおい)

ではでは。
ごきげんよう。

| | コメント (0)

育児と仕事…小説は一回休みの巻

こんにちは。結城です。
えーと…一週間「も」経ちましたね(汗)。
先週、大見得を切って始めた連載小説も執筆が間に合わず(途中までは書いたんだ!←言い訳)今週はお休みさせていただきます。

か、変わりに(?)他の話題でもいってみましょう!!(逃げ)

連載小説は、基本的に週末に書こうと思っていたのですが、先週から嬉しいことにお仕事復帰いたしまして…そちらの企画書制作(今度もゲームなので、シナリオの前にはまず企画書からです)に奮闘していました。
クライアントから送られてくる素材や仕様書に目を通すだけでも結構時間がかかります。
どういうゲームにしたいか、を此方が把握しなければいけませんからね~。

ん、ちょっと待て。
YOUは育児で大変じゃなかったのか?
というお声が…外からも自分の内からもしております。
そうですね、正直、産後一ヶ月ちょっと、まだ仕事の復帰には、精神的にも肉体的にも辛いだろう…初めての育児でかなりのストレスがかかっているのも事実ですし。
でもでもでも。
根本に帰ると、私は「書くこと」が好き。
じゃあ、好きなことをしながらなら、ストレスを減らせるんじゃないか。
…と、しごく都合よく自己完結してしまいまして。
ちょうど、以前からお付き合いのあった企業様から「シリーズ化したいゲームのシナリオをしてもらえないか」とお話をいただき、「喜んでっ!!」と食いついてしまった訳です。
うん、そうですね、どれほどの苦労が待っているかはこの一週間でも予想がつきましたが(恐ろしい…)、この瞬間、赤ちゃんが寝ている隙に文章を書いていることも楽しいし、ゲームの企画書を制作するのもやはり赤ちゃんの寝ている隙をついての細切れの時間を利用してですが(後はちゃんとお世話してますよっ!)、好きなことをしている自分が楽しいし、育児への切り替えも若干ですが楽しく感じるようになりました。

今日も、出来上がった企画書のメールを書いている時に赤ちゃんが泣き出したのですが、「これ送るから、5分待って~」と叫び、ちゃんと5分で終わらせて(もしも時間があればだらだらと書いてしまう時もあります)、「はい、お待たせ~」という感じでミルクを作ってあげたり。

始めたばかりだからそんな余裕なんだと思われるかもですが、今はこれがうまくいっていますし、私なりの育児&仕事の両立です。
いつも、これからも楽しいわけじゃないかもしれない、でも、やっていこう。やっていきたい。
そんな気持ちを大事にしたいと思います。
自分で自分を励ましています(苦笑)。

でも、正直睡眠時間は欲しいですね…(更に減ったので…:汗)。
夜中に小刻みに起きてのミルクが一番きついですね…。
起きっぱなしの方が楽なんじゃないかと感じる時もありますが、うちの子の場合は、夜のミルクに限っては時間通りではないので(つまり、赤ちゃんの寝る時間がまちまちなので、寝ている時に無理にミルクをやる必要はないので時間が計れないのです)その方法はできなそうです。
昼間は三時間おきにしっかりと要求してくるのに…なぜだっ!!(汗)
いや、時には二時間でも要求してくるけど…。
昼も夜も関係なく(多分、まだ一ヶ月だから?)気紛れに寝たり起きたり、遊んだり(?)なのになぁ…なにごとも子供の個人差ってやつですか?

育児は本当に大変です。
でも、「大変」な中に楽しみを見出しながら今までも何とかやってきたし、これからも頑張っていきたいと思います。
声がけなんかは最初からかけまくりでしたからね~。
「独り言のようで恥ずかしくて出来ない」という方を聞くのですが、赤ちゃんと二人、しーんとした空間にいるのが恥ずかしいを通り越して寂しいと思うのでレッツ・トライです!

ちなみに…あまりにも(?)声がけをしているせいか、すでに「なん語」を連発の我が子は、泣きながらも喋るのでむしろ分かり辛いです。
いや、分かってあげられないのが辛い、という感じなんですよね…。
「にゃがー」ってなんだ!!
「にゃがー」って!!(汗)

あ、あれ。
結局育児の話題でいいのかな?(汗)

現在請けているお仕事は「美少女モノ」とだけ告知しておきましょう(多分制作者の名前は出さないだろうから…)。
らぶらぶ・えろえろは任せておけっ!!(違)

ではでは。

| | コメント (0)

まずは定番のご挨拶から♪

はじめまして。結城つづくと申します。
「結城つづく」は、私のPN(ペンネーム)でして、この名前を主流に、フリーのシナリオライターをしています。

キャリア11年!(……とは言っても業界ではまだまだですよぉ)
ゲーム制作会社・アニメ制作会社勤務経験あり!(だからフリーになれた……と自分では思ったり思わなかったり←経験って大事です)
つまりはヲタクだね!!
お仕事随時募集中ですっ♪

……かなーりすっ飛ばした言い方をしておりますが、本音は生真面目で神経質な性格なんです(自分で言っちゃった……)。

ココログに新しくブログを作りましてのご挨拶ですが、数年前から、ぽつぽつと別口でブログと作品置き場のページはありまして、

HTTP://PLAZA.RAKUTEN.CO.JP/TUZUKU

上記アドレス(楽天さんのブログですね)で過去の日記やらフリースペースにて作品が読めたりします。
こちらは作品(原稿用紙400枚分の小説とか)が置いておけるという利点で残しておきますので(相互更新もするかもですが、手軽さで今後はココログさんを多用の予定)、よろしければご覧下さい。

さて……これから何をしましょうか?
何をしたいか?
自問自答。でも、答えは常に決まっています。

「印税作家になる!!」

……夢オチ? とかツッコミなしでお願いします。
ライターですからね、つまりは文章を書いて報酬をいただいているわけです。
そして、ゲーム好き・アニメ好きというのは成長過程で付随したもので、物心ついた頃から、将来の夢は「作家」でした。
「漫画家」と言っていた事もありますが、つまり、自分の創造(想像)した世界を形にして、多くの人に見てもらいたい!
そういう思いでした。
ゲームやアニメはそれを成功し易い手法です。
今はシナリオ関連が多いのですが(ゲームの制作を知っていますので、ゲーム会社からのご依頼が多いのです)、純粋に「文章だけ」という、ノベルも完成させたくて(投稿や同人でなら幾つか仕上げていますが)、そうしてそれが「本」になって、「書店に並んで」、多くの人に読んで貰えれば嬉しい限り! なのです♪
(まぁ、そして結果的に印税がいただければ……うははですね:苦笑)

今まで自分が手がけたゲームも、もちろん多くの方にプレイしていただいていますし、それも嬉しいです。
でも、ゲームとノベルではちょっとニュアンスが違う……と、私は思っているのです。
ドラ○エみたいなものを作って有名になりたい、という感じでもないのです(苦笑)。
でも、野望の実現までは、手にしている技術でとにかく多くの仕事をこなしたい、多くの文章を書きたい……仕事・私事両方からのアプローチをしていきたいです。

「文章を書く」だけなら、誰だってできます。
ブログや、同人誌もそうですよね。
でも
「他人に見せてお金を貰う」レベルは、話が違います。
ワンステップあがると、そこには責任やクオリティの追及、プロとしての立場があります。
偉そうに語ると、文章が書けるだけでは、「シナリオライター」はできません。
いや、自分を誇示しているわけでは決してありません。
私は経験したから思うのですが、
やはり、現場を知っているのと知らないでは違うし、
(パソコンは扱えても自作できない……という例えみたいな?)
前述しましたが、ノベルとシナリオ自体も違いますから。
いや、まぁ、本当に経験からですが、私にだって何も知らない「最初」はありましたが、あまりにもスパルタな制作会社におりましたので(知ってる人にはばれている~)、気付いたら絵コンテも演出も脚本も制作進行も……と、「絵を描く」以外のほとんどの技能(役職?)をやっており、フリーになる以前にもう一度会社勤めをしようと思ってゲーム会社を面接に回ったら「君は技能があり過ぎて、(見合った)給料を払えない。会社で欲しいのは、低賃金でパシリをしてくれる人材なんだ」という断られ方をしたことがあります。
嬉しいやら悲しいやら……もしかして笑い話?
ゲーム・アニメ業界の多くは本当に賃金安いんですけどね(笑)。

ちなみに、なぜ「絵を描く」以外なのかと言いますと、上司であった映像監督に、「君は一秒でも早く絵を描くのはやめろ。その代わり、文章でなら食っていけるから」と厳しくも10年経ってみたら正解だったと思える一言からでした(苦笑)。
当時はまだ漫画にこだわっていて、「自分はオールマイティに絵だって描ける!」と思っていたのですが、漫画を読んでいただいて速攻で言われました。
で、素直だったので速攻で絵はやめました(あはは)。
絵コンテは、丸書いてチョン以上には書けますが、本職で絵コンテをやっている方にはやはり遠く及びません。
シナリオに付随しての演出指定程度です。

さて。
自分の野望話から逸れましたが(あんた本当に作家?! とは思わないで下さい)、そんなこんなのシナリオライターの日常、時には業界裏話(?!)、日常の何気ないこと、仕事報告……あれこれ詰め込みながら徒然に書いていこうと思います。

それとですね!
私、9月に出産したばかりでして!!
(ここまで書いてなんですが、私、生物学上、女性でございます……)
初の育児で、そちらも超絶てんやわんや!!

果たして仕事と育児の両立はできるのか?!
っていうか、ママさんゲームシナリオライターって、どんなの?!

といった面からも興味がありましたらのぞいてみてくださいませ。

むしろ、今切実に「応援が欲しい」気分でいっぱいです。
育児って、本当に大変だおー(号泣)。
でもでも、お仕事もしたいの……うおおぉぉぉ(号泣)。
ママ友絶賛募集中!!

あ。
それからそれから。、現時点でまとめきれていないのですが、お仕事のご依頼もこちらから受け付けます。
育児とのバランスを考えられるまではお休みさせていただいていたのですが。
そろそろ働きたいし、働かないと(自分と家族のために~)。
詳細は、次回更新時頃にアップします~。
企業関係者の方いましたら、ブックマークをお願いします(宣伝だっ!)

ではでは。
今後もよろしくお願いします♪
結城つづくでした。

| | コメント (2)