« 2010年6月 | トップページ

2010年7月

『starry☆sky~in spring~』 実況:一回目

休業中につき、業界のことは何を言っても第三者意見だよね、という強みで、『黒執事Ⅱ』の新キャラ(第一話)はかませ犬か? と思ったこの頃です。
こんにちは。結城つづくです。

突然ですが、『starry☆sky~in spring~』という乙女ゲームを始めました。
いや、PSP版が出て、通常版ならお手頃価格だったので。
シリーズ物だってことは知っていましたし、声優ファンではなくて純粋に天文学に興味があってゲームにどんな風に活かすんだと気になっていたので、ここは探究心で(言い訳)。
初回限定とか、全く気にならない人がここにいますが華麗にスルーしてください。

ゲームと名がつく以上、中身で勝負ですよっ!!

……で。しばらくプレイ実況(ネタバレ注意)になる予定。

攻略キャラ(ADVなら一応あるんだよね? と推測)は決めていませんが、自分の年齢的にグリーンリバーライトこと緑川光さんの「土萌羊」狙いで仕掛けてみようと思います。
……ありえない名前だろう、という初歩的な突っ込みはさておき。

いきなりですが、土萌君、痛い! 愛が痛すぎる!!(苦笑)

「君さえいればいい」
「他に誰もいらない」

常套句ですが、出会ってすぐに言われてトキメク乙女心は私にはありません。
段階踏もうよ!
と思う私は古いですか、そうですか?
性格が分かりやすい哉太(カナタとは当て字すぎる!)君に親近感が移行中です。
執事の印象が強い錫也君(声:小野大輔さん)は普通すぎて特徴がまだ見えません。
まぁ、ゲーム内でまだ三日目だしね。

しかし、こんな面白い学科を設置している学校なら、私は即入学ですね。

最初から逆ハーレム状態の主人公ですが、女子一人きりで寮ってどうなってんの?!
とかは聞いてはいけないのでしょうか。

ともかくも。
珍しく乙女ゲームをプレイしてみる結城の今後に乞うご期待(?)。
※もちろん自分で乙女ゲームのシナリオを担当させていただいたことはありますが、それはさておき。あくまで第三者視点でプレイしていきます~。

| | コメント (4)

« 2010年6月 | トップページ